女将からのお知らせ

2013/09 の記事一覧

お目当ては、これでした!“がんばってます福島”

2週間ぶりに「アクアマリンふくしま」に行ってみました。
まず、「よみがえれわたしたちの海」と題して、大漁旗デザイン展に出品され入選した作品が出迎えてくれました。
このデザイン展も今年で6回目を迎えます。
全国より89点の応募があり、最優秀賞1点、優秀賞5点、学生賞5点、審査員賞9点の大漁旗が、潮風にたなびいていました。

意識を高く持って、
よみがえれ!私たちの海!!! [全文を表示]

こんなお店あり???“がんばってます福島”

お彼岸でお墓参りをされた方も多いかと思います。

秋晴れの、何よりのお日よりになりました。
ヒガンバナとは良く言ったもので、丁度お彼岸の頃に真っ赤な線香花火を散らしたような花を咲かせます。
またの名を“曼珠沙華”とも呼ばれています。

全草有毒で、葉が後から出てくるので、田畑のあぜ道や墓地などに茎の先にパッと咲いた花は、何か不気味な気がします。 [全文を表示]

サンマ初水揚げ!!!“がんばってます福島”

今朝 小名浜港に初めてサンマが水揚げされました。
水揚げしたのは、小名浜港所属のサンマ船“観音丸”で、根室沖で漁獲した大ぶりのサンマ95dです。

久しぶりの水揚げに、魚市場も活気づいていました。

早速午後には、市内のスーパー等、各店舗に並んでいて驚きました。
いわきでは、夕食でこのサンマが食卓に上ったお宅も多いことでしょう! [全文を表示]

カジキで売りだそう!“がんばってます福島”

『カジキマグロ』というと思い浮かぶのは、

ヘミングウェイの「老人と海」です!
老漁夫サンチャゴが、4日にわたる巨大なカジキマグロ(クロカワカジキ・ブルーマリン)との死闘の末、老人が勝つのですが、帰途サメに襲われ、舟にくくりつけた獲物はみるみる食いちぎられて骨格のみになってしまうのです。

ヘミングウェイ自身と老漁夫を重ね合わせているとも言われています。
老い哀しさが心を打つですが、
老漁夫の良き理解者、少年マノーリンの存在で救われる気がしました。 [全文を表示]

台風18号は、・・・。“がんばってます福島”

この度の大型台風18号で、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

小名浜は雨はさほどでもなかったのですが、強い風が吹きアクアマリンパーク周辺でも、今までにないほどの高波が押し寄せていました。

連休最終日で、本来なら観光客で賑わっているはずの“いわき・ら・ら・ミュウ”でも、団体客のキャンセルが相次ぎ、お店の方も手持ちぶさたの様子でした。 [全文を表示]

チームじゃんがら!“がんばってます福島”

福島県で唯一の水産高校「いわき海星高校」の練習船『福島丸』が、一昨日、61日間に及ぶ第2次航海実習に出港して行きました。

航海の無事を祈って、同校チームじゃんがらによるじゃんがら念仏踊りの披露がありました。
ハワイ近海でのマグロはえ縄漁の実習を経て、11月11日には小名浜港に帰港予定です。

実習により多くのことを習得して、真っ黒に日焼けし、たくましくなって帰って来ることでしょう!

[全文を表示]

人が住まなくなって・・・。“がんばってます福島”

新聞にこんな記事が載っていました。
「ある日突然、集落から人が消えたらどうなるか−。」

「原発事故の福島県で起こっていることとして、
野生動物が驚くほどの早さで侵出し、田畑や家を荒らし回っている。
特に、繁殖力の強いイノシシが増え、生活や農業の再開に深刻な影を落としている・・・。」と
人が住まなくなったことで、生態系が変化しつつあります。

私の知人も、今は原発避難区域になっている浪江町の猟友会に入っていて、解禁時期には山に入ってイノシシやキジ、山鳥などの野鳥を獲っていました。
あの日(東日本日本大震災の日)も山にいました。

このように、人と野生動物は上手に棲み分け共存してきました。
バランスを取ってきました。

しかし、今は入ることも出来ません。

避難指示解除準備区域などは、解除になり、いざ帰ろうとしても荒れ果てた田畑や野生動物の増加等、
長くなればなるほど、帰還してからが大変になってくることでしょう。

[全文を表示]

明るい未来に!“がんばってます福島”

目標が見えてきました!

2020年オリンピックが東京に決定しました。
その瞬間、国民が一つになれた気がします。

高度成長やバブルを知らない、どちらかというと内向きといわれる若者たちが、あんなに歓喜の中にいる姿を見て、日本の未来にも明るい希望が見えてきました。

ややもすると、最近の日本はアジアの新興国の勢いに押され気味で、あきらめの気持ちが見え隠れしていましたが、7年後の東京オリンピック開催を目標に政治・経済・スポーツと明らかに躍進して行くことでしょう。

そして、これからの日本を担う子どもたちへの何よりのプレゼントになることと思います。

[全文を表示]

夜明け市場に!“がんばってます福島”

いわき駅から徒歩2分にある「夜明け市場」に行ってきました。
地元では「白銀通り」とも呼ばれ、元々は飲食店などが点在する、いわゆる“シャッター通り”だったところを、震災後、地元出身の男性が「復興飲食店街」として再生。
被災した若い店主などが、地元の復興のためにと集い、新たに営業を始めたところです。

昭和の風情が残るレトロな飲食店街で、映画のセットのような懐かしい
一角です。

そのような趣旨から集まった店主たちですので、自分の店の利益だけでない、一緒にがんばっていこうというお互いの強い結びつきを感じました。
どのお店に入ろうかと迷っていると、
「あの店では、今日DJがあるよ!」とか、ライバル店の特徴を丁寧に教えてくれる店主もいました。

暖かみのある人たちのいるあの通りに、近いうちにきっとまた行くことでしょう!
そんな魅力のあるところでした。 [全文を表示]

このままでいいのでしょうか?“がんばってます福島”

『2020オリンピック・パラリンピック』の開催都市が、2013年9月7日にブエノスアイレスで開かれる第125次IOC総会で決定します。
いよいよ明明後日(日本時間9月8日早朝)です。
東京も名乗りを上げ、前評判ではかなりいい感触ではあるようですが、やっぱりマイナス要因は、福島原発の問題だそうです。

東京でオリンピックが開催されたのが1964年でしたから、かれこれ
49年前になります。
私も小学生でしたが、今でも鮮明に覚えています。
感動的でした!!!

開催地が東京に決定して、
日本の子どもたちにも、あの感動を是非味わわせてやりたいと願っています。
そして、
「世界に目を向けられる子どもが、育ってくれたらいいな!」と思います。 [全文を表示]

彩られた季節。“がんばってます福島”

昨日ホームセンターで、プランターに植える植物を探していたら、
本物???
「葉っぱ」にアオガエルがちゃっかり乗っています。
どこから来たのかしら!
カエル付きで、245円?

とっても可愛らしかったので、思わずシャッターをきりました。 [全文を表示]

間もなく終了です!“がんばってます福島”

いわき市特産の「サンシャインいわき梨」の出荷が7月16日から、始まりました。
「幸水」から始まりその後「豊水」「涼豊」「新高」の順に4品種を10月下旬まで出荷するのですが、9月上旬頃まで楽しめるのが『幸水』という品種です。
“梨の王様”とも呼ばれ、瑞々しくて甘味が強く、パリッとした食感で人気のある品種です。
最盛期が短いので、うっかりすると食べ逃してしまいます。

今年は害虫被害が少なく、大きさは例年並み。8月の好天候により糖度は十分だそうです。

モニタリング済みの安全な「いわきサンシャイン梨」よろしかったら、お試し下さい。 [全文を表示]