女将からのお知らせ

2012/05 の記事一覧

その重量60Kg!!!“がんばってます福島”

懐かしい聞き覚えのある声が、近づいてきました。

「女将さん!そろそろ草が伸びてきた頃かと思って!」と、
広野町から当館に半年間避難していて、今は四倉町の仮設住宅で暮らしているKさん夫婦が、草刈り機を持ってきてくれました。

駐車場下の崖の草がだいぶ伸びてきて、『何とかしなくては、』と思っていた矢先のことでしたので、以心伝心、私の思いをくみ取ってくれたかのようで、とってもうれしく思いました。
[全文を表示]

ピッカピカでした!“がんばってます福島”

初夏なのに、枯れ葉掃きが大変です。
庭のユズリハの葉が黄色に変わって、ヒラヒラと落ちてきます。

常緑樹は、普通新しい葉が育つと古い葉が落ちていくものですが ユズリハの場合、若葉が生えそろったら、古い葉が一斉に枯れ落ちるという風に短期間に行われるのが特長です。
新旧の世代が交代して絶えることなく続くということから,子孫繁栄、縁起の良い物として正月や祝い事の飾り物として用として使われます。

世代交代が済むまで、もう少し枯れ葉掃きが続きそうです。

[全文を表示]

うまくいけば・・・。“がんばってます福島”

一年のうちで、今の季節に学校行事が多いような気がします。
先日は、近くの小学校から元気な音楽や歓声が聞こえ、運動会が開催されているようでしたし、昨日は、幼稚園の遠足でしょうか?
「アクアマリンふくしま」の芝生の上で、楽しそうにお弁当を広げている親子連れの姿を目にしました。
[全文を表示]

リニューアルしました!“がんばってます福島”

リニューアルと言っても施設ではなくではなく、ホームページです。
インターネット予約やプラン内容は、私の担当でした。
自分で撮った写真から使えるものを選んだり、プランの説明を考えたりと大変でしたが、
やっとアップすることが出来ました。
カレンダーによるお部屋の提供は、もう少しお待ちください。
 
 http://tenchikaku.jp

インターネット予約による特典もいろいろあります。

早速、ご会食・ご宿泊のお問い合わせをいただきました!
インターネットから、情報を得ていらっしゃる方が多いのに驚かされました。
細かく更新して、さらにみなさまに喜んでいただける内容にして行きたいと思っております。

よろしかったら、ご覧ください。
[全文を表示]

悲しかったこと!“がんばってます福島”

近年珍しく、新造船がお目見えしました。
酢屋商店所有の本船「寿和丸」(小名浜港所属)です。
福島の漁業に対する意気込みを感じました。

その寿和丸船団の運搬船が、昨日八丈島東沖で漁獲した上りガツオやキハダマグロなど約18トン(カツオは6トン)を一昼夜かけて運び、小名浜港に水揚げしました。
久しぶりの明るい話題に港は、喜びに満ちあふれていました。
[全文を表示]

いろいろご希望に応じて・・・!“がんばってます福島”

82歳になる母のお供で、浅草の平成中村座五月大歌舞伎を見物に行ってきました。
江戸時代の芝居小屋を現代に復活させ、多くの方々に歌舞伎を楽しんでもらいたいとの中村勘三郎さんの思いを実現したのが「平成中村座」です。

5月28日(月)昼の公演までで閉幕、その後劇場も取り壊されるとのことですので、何としても見たいと言う母の願いを叶えなくてはと上京しました。

狭い劇場で繰り広げれる演技は、臨場感が満ちあふれ、役者の息づかいまでも伝わってきてとても感動しました。幕間でいただく幕の内弁当もとってもおいしかった!!!


 
[全文を表示]

流出なった六角堂は・・・!“がんばってます福島”

近代日本の美術行政の確立に尽力し、賛同する仲間や教え子と日本美術院を創設した岡倉天心は有名ですが、
この天心が、ダイナミックで変化に富んだ北茨城市五浦の景観に魅了され、この地に建設したのが「六角堂」でした。
[全文を表示]

広野町のみなさんと・・・!“がんばってます福島”

ゴールデンウィークも終わり、アクアマリンパーク周辺もにわかに静かになってしまいました。
連休中は多くのお客様で、「アクアマリンふくしま」や「いわき・ら・ら・ミュウ」、周りの飲食店も長蛇の行列が出来ていましたので・・・。

東日本大震災直後の小名浜の惨状を思い出すと、このようにたくさんのお客様をお迎えできる日が来るとは、夢のようでした。

いわきを応援して下さるみなさま、ありがとうございました! [全文を表示]

雨のゴールデンウィークです!“がんばってます福島”

このゴールデンウィーク中、たくさんのご予約をいただき誠にありがとうございます。
小名浜の旅館ホテルの空室状況を把握して、ご紹介するようにはしていますが、復興関係の仕事の方ご宿泊をしていて、一般のお客様の受け入れの出来ない旅館も多くあります。

せっかく被災地を応援しようとおいで下さるお客様には、ご不自由をお掛けし本当に申し訳ございません。 [全文を表示]