女将からのお知らせ

2012/06 の記事一覧

深緑の頃。“がんばってます福島”

久しぶりに、広野町から当館に避難をしていて、今は仮設住宅で帰れる日を待つ、Kさんたちとランチを一緒にしていわき公園を散策しました。

除染作業は順調に進み、庭や蔵・家屋なども、思うように除染してもらえたと満足していました。
広い土地の草を刈り、表土を削り新しい土を入れ代えたのだそうです。

それでも、商店や病院等のインフラがまだ十分ではないので、もう少し仮設住宅に残るそうです。

それにしても、不自由な生活を余儀なくされているみなさんのことを考えると、安心安全と思い込み、原子力発電に依存しすぎたがためのこの度の大きな代償に、改めて人間の奢りを感じずにはいられません。
[全文を表示]

嵐の前の静けさ?“がんばってます福島”

一昨日は、父の日でした。
お父様をご招待して、ほのぼのとしたご家族の絆!思いやりを垣間見る思いでした。

当日はたくさんのご予約をいただき誠にありがとうございました。
ご年配のお父様には、ステキなポロシャツとステッキがプレゼントされ、着替えて鏡の前で微笑む姿に、私たちもぽかぽか日だまりのような、暖かな気持ちにさせていただきました。

お父様の大好きな物を献立に入れてください!
とのご要望に、おいしそうに召し上がる姿をとてもうれしく拝見いたしました。

このように、みなさまのお幸せのおそばに立ち会わさせていただけることを、とても幸せに思います。 [全文を表示]

こんな大工さん、知ってる?“がんばってます福島”

大工さんにもいろいろあります。
家を作る大工、宮大工、指物大工、型枠大工など・・・。
小名浜なら船大工、そして意外と知られていない網大工という職業があります。

読んで字のごとし、魚を獲るのに必要な網を作るのですが、微妙な加減が漁獲高にもつながるので、漁師さんの要望を良く聞いて作る網は、網大工の腕の見せ所です。
漁法によっても、形がぜんぜん違うのです。

また、漁中破けてしまった網を修理するのも網大工の仕事です。

真新しい網を積んで、いざ出港です!

[全文を表示]

圧巻でした!“がんばってます福島”

池坊 550年祭記念特別展 が日本橋高島屋でありました。
華道池坊は聖徳太子由来の京都六角堂の池のほとりで僧侶が始めたいけばなに始まります。

文禄3年(1594)に豊臣秀吉の御成を迎えた前田利家邸の大広間の四間床(約7.2メートル)に池坊専好(初代)がいけた大砂物(おおすなもの)。
[全文を表示]

福島は元気です!“がんばってます福島”

お天気に恵まれた今日、当館より徒歩5分の県立三崎公園へ行ってみると、潮見台下の磯やわんぱく広場、マリーンタワー周辺もたくさんの家族連れで賑わっていました。

バーベキュー広場では、仲間とお肉や野菜を焼く良いにおいが漂っています。 [全文を表示]