女将からのお知らせ

2012/03 の記事一覧

のどかな春を楽しんで!“がんばってます福島”

驚きました!!!
毎日 通勤途中の田んぼの中に、突然仮設住宅が建設されています。

杭をを打っていたと思ったら、たちまちこんな具合です。
原発事故による避難区域から、遠くに避難していた方々も、どうせ住むならふるさとと同じような気候風土のところが良いと、最近「いわき」に居住を移す方が多くいます。

それで、このような仮設住宅の建設も急ピッチ進んでいるのです。 [全文を表示]

この歌に、感動した!!!“がんばってます福島”

こんな日没は、今年初めてです。
西日が部屋をまぶしいくらいに照らし、
そして、西の空を真っ赤に染めながら、
沈んでいきます。

港町は、今日も静かに暮れていきました。 [全文を表示]

春、みぃ〜っけ!がんばってます福島“”

春の訪れを告げる植物は、たくさんありますが、
まず
ネコヤナギ!
銀白色の毛で目立つ花穂が特徴で、ネコの尾に見立てたことにより名付けられたとのことです。
かわいらしいシッポですね!
空に向かって、ピーンと立てて・・・。

冬の間中、単色の殺風景な景色の中
河原を歩いていて、ネコヤナギを見つけるとワクワクしたものです。 [全文を表示]

フク(福)来たる!!!“がんばってます福島”

春彼岸でお墓参りに行かれた方も多いかと思います。
去年は、ままならない状況でしたものね!

常磐地区では、湯ノ岳断層が大きく動いたので、お墓も墓石が傾いたり、倒れたりで、石屋さんも大忙しのようです。

まだまだ 倒れたままのお墓もたくさんありました。 [全文を表示]

役目はその時々で!“がんばってます福島”

一昨年は、尾ひれがハート形ゆえに恋をかなえる金魚として「バレンタインデー」に登場しました。

今年はその名前から、春を代表する金魚として1階エントランスホールでみなさまをお出迎えいたします。

「アクアマリンふくしま」のオリジナル品種「桜ブリストル」です!
ひれをひらひら揺らしながら泳ぐ様は、春にピッタリで愛らしく、しばし見入ってしまいました。 [全文を表示]

全国の「イチローさん」いらっしゃ〜い!“がんばってます福島”

今年は、例年より遅れて、今梅の花が満開です。
春を告げる花として、いち早く開花し、その香りの良さから多くの歌人たちにも歌われてきました。

こちらは、お鍋の中の紅梅です。
長芋を花弁5枚の梅の花に剥いて、自家製梅干しで味付けです。

さわやかな梅の味と長芋のさくさく感が、この季節にぴったりです。
炊き合わせの一点に・・・。
[全文を表示]

あれから一年が過ぎて!“がんばってます福島”

何事もなかったような穏やかな海です!
3月11日(日)は、いわき市も津波で大きな被害のあったところを中心に、追悼式が営まれました。
特に被害の大きかった薄磯地区や豊間地区・久ノ浜地区は、TVや新聞を始め多くの人たちが追悼に訪れていました。 [全文を表示]

希望を持って前向きに!“がんばってます福島”

母が楽しみでやっている自宅横の家庭菜園を見回すと、枯れ葉をかき分けてフキノトウが顔を出していました。
東日本大震災から、間もなく一年を迎えますが、いつもと変わらない春の息吹が以前にも増して愛おしく感じられます。
春を探しに遠出をしたい気もしますが、
3月11日(日)は、家族で静かに過ごす方も多いことでしょうね!
[全文を表示]

アンコウ鍋を目当てに!“がんばってます福島”

昨日は、とても暖かく庭の福寿草も春を待ちかねたように咲き誇っていました。
寒い冬を耐え、いち早く春の訪れを告げてくれる福寿草ですが、
花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福だそうです。

私にとって今から三十三年前の今日は、心温まる幸福に満ちた日になりました! [全文を表示]

今日は「桃の節句」です!“がんばってます福島”

女の子の清らかな成長を願う大切な伝統行事が「桃の節句」です。
女の子が生まれると初節句にはお雛様を飾りますが、お雛様が災厄を代わりに引き受けるという守り神の様な役割を担っていると言われています。
また いつまでも雛人形を片付けないとお嫁に行き遅れるなどと言われて、私なども翌日には仕舞ったものですが、これは「片付けの出来ない娘は、いいお嫁さんになれないよ。」と言う惑めの意味も含まれているそうです。

[全文を表示]