女将からのお知らせ

2012/01 の記事一覧

「海鼠」ってご存じ?“がんばってます福島”

今日は風が強く、カモメの水兵さんたちも波に身を任せて海面を漂っていました。
「うみねずみ?」
これが「海鼠」でないことは、確かですよね! [全文を表示]

春節も終わって!“がんばってます福島”

春節とは、「旧暦の正月。またはそれから始まる数日間のことで、1月22日頃から2月19日頃までを毎年移動する」とあります。

ニュースによると、この春節の休暇を利用して多くの中国人たちが日本を訪れているそうです。
目的は、観光と買い物!
日本製品の品質の良さと信用が買われているようです。

[全文を表示]

今年もやります!“がんばってます福島”

去年 中之作の「吊し雛」のことをブログで書いたからでしょうか?
先日 私の留守中に「今年も吊し雛は、やるのでしょうか?」との電話があったそうです。

中之作も津波が入って被害があった地域ですので、私も早速見に行ってみました。
お陰さまで、去年吊し雛が飾られた町並みは、そのままでした。 [全文を表示]

4年と30年では・・・。“がんばってます福島”

昨日 東京大学地震研究所の研究チームが、マグニチュード(M)7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を発表しました。

30年と聞くと、かなり漠然としていて危機感も薄れますが、4年以内となると切羽詰まった感じがします。

この度の東日本大震災も「4年以内」とか、はっきりした試算が出されていたら、こんなに大きな被害にならなかったのでしょう!
津波も想定して、早めに避難できたでしょうし、ひょっとしたら原発事故も防げたかもしれません。

[全文を表示]

コタツに入って寛いで!“がんばってます福島”

当館に避難していた広野町の方々が、年頭にお年始に来て下さいました。
「今年もよろしくお願いいたします!」と・・・。
お年始のいただきっぱなしは、いけないと言われておりますので、
先日 従業員のNさんと行ってまいりました。

仮設住宅に住んでいるKさんのお宅。
窓からの空気が冷たくて困っていたら、間に断熱材を入れて二重サッシにしてくれたそうです。
近所のおばあさんと一緒にお茶のみ中でした。
津波で何にもなくなってしまったと言ってましたが、生活用品も整って快適に過ごしているように思いました。
それでも、親子孫3人2間(6畳と4,5畳)では狭いようですね! [全文を表示]

「ノルウェー」からの予約!“がんばってます福島”

「ノルウェー」と聞いて、真っ先に思い出すのはこの地図です。
北欧、スカンディナヴィア半島の西岸に位置し、南北に細長く連なるフィヨルドの国!
漁業が盛んで(タラやサーモンはスーパーでもよく見かけますね。)、漁業文化が日本と似ており世界で数少ない捕鯨推進国。
オーロラ観賞、白夜など・・・?
[全文を表示]

赤いランドセルで見に行った「家」が!“がんばってます福島”

寒い日が続きます。
朝 車に乗ろうとしたら、フロントガラスに霜が降りてこんなにきれいでした。
内側から竹林を見ています。
窓に付着した霜は窓霜と呼ばれ、雪の結晶と同じように樹枝などいろいろな形状の氷の結晶があるそうです。

霜が降るなどといいますが、霜は空中を降ってくるのではなく、目に見えない空気中の水蒸気が地物の上につくりだす氷なのだそうです。
自然が作り出す形、神秘的でステキです! [全文を表示]

商売繁盛?お金が・・・?“がんばってます福島”

広野町から当館に半年間避難していたSさんが、
「きっといいことがあるよ!お楽しみ!お楽しみ!」と言って仮設住宅に引っ越していったのが10月末でした。

どんな「お楽しみ」がやってくるのか心待ちにしていましたが、
先日 突然この立派な「金のなる木」の鉢植えを届けてくれました。

太い木で、大切に育てていたらしく、手入れが行き届き、小さなつぼみをたくさん付けていました。
「お嫁に出すつもりで持ってきました。きっと商売繁盛、間違いないよ!」と。
[全文を表示]

いよいよお別れですね!“がんばってます福島”

環境水族館「アクアマリンふくしま」の
タイヘイヨウセイウチの「ミル」は、明日には鴨川シーワールドに搬送され、その後「香港オーシャンパーク」にお嫁入りです。
開館以来、同水族館の人気者で入場口近くまで行くと、大きな声で「ゴォ〜」と泣いている声が聞こえ、「ミル」と「ゴオ」に会うのがいつも私の楽しみでした。 [全文を表示]

金毘羅神社の大祭です!“がんばってます福島”

毎年1月10日は、「こんぴらさま」の愛称で親しまれています常磐の金毘羅神社の大祭です。
海上交通の守り神として信仰されており、現在も漁師、船員など海事関係者の崇敬を集めています。

この度の大震災では、漁業や水産業にも大きな被害が出て厳しい状況が続いていますが、海上安全と豊漁、また家内安全を願って多くの参拝客で賑わっていました。

縁起物やだるまは、値切って買うと御利益があると言われています。
去年は、これがなかなかうまく行かなかったのですが、今年は母と妹と一緒でしたので・・・。
きっと御利益があるでしょう!

また いわきだるまは、顔の周辺が青色で縁取りされ穏やかなお顔をしています。
毎年少しずつ大きいものに買い変えて行くのがいいそうです。 [全文を表示]

寂しくなるけど、仕方ないね!“がんばってます福島”

東日本大震災で津波の被害を受け、環境水族館「アクアマリンふくしま」から「鴨川シーワールド」に避難していて、無事7月15日の再オープンには、つがいで帰館したタイヘイヨウセイウチの「ミル」と「ゴオ」でした。
いつも展示の水槽前は、人だかりが出来ていて人気の高さを示していました。

ところが、オスの「ゴオ」が、昨年の8月に急死して一頭だけとなってしまったメスの「ミル」。
どことなく寂しそうに見えました。 [全文を表示]

感動!!!そして、ありがとう。“がんばってます福島”

先日TVを見ていたら、
箱根駅伝で総合優勝した東洋大学4年生いわき出身の柏原竜二選手が、インタビューで、
「自分が苦しいのはせいぜい1時間ちょっと、福島のみんなの苦しみに比べたら・・。」
と言ってました。

そんな思いが、区間記録を更新してチームを優勝に導いたのでしょう。
福島のみんなに勇気と元気を下さいました。
『柏原選手!感動をありがとう!』 [全文を表示]

本当は、3/15(火)にお越しいただくはずでした。“がんばってます福島”

東日本大震災(3/11)の4日後3月15日にご予約をいただいていました。
その日が、二度目のご利用のはずでした。

あの日、停電、断水と電話も不通になってしまって、こちらからもご連絡が出来ず、ご予約いただいておりましたのに大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
毎日とっても気がかりで過ごしておりましたが、本日 念願かなってやっとご来閣いただきました。




[全文を表示]

明けましておめでとうございます!“がんばってます福島”

新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

一年の初めのご挨拶『年賀状』は、1873年に郵便はがきを発行するようになると、年始のあいさつを簡潔に安価で書き送れるということで葉書で年賀状を送る習慣が急速に広まっていったということです。

年に一度だけのやり取りでも、短い文章に近況や抱負、相手への思いやりが込められていて、いただくととってもうれしいものです。



[全文を表示]