女将からのお知らせ

最新の記事

津波対策も着々と、“がんばってます福島”

四倉までの海岸線を、車で走ってみました。

津波で大きな被害を受けた豊間地区には、新しく危険を知らせる拡声器が取り付けられていました。

また、震災で家を失った人々用の復興公営住宅建設の準備も着々と進められ、一年後の完成を目指しています。あれから3年半、来年の秋には、やっと安住の地を得ることが出来るのですね! [全文を表示]

試験操業!不安と期待!“がんばってます福島”

先の見えない不安の中、震災を一緒に乗り越えた従業員たちには、感謝の気持ちしかありませんでした。

そこで、研修を兼ね10月30日(水)から二泊三日で、京都旅行に行ってきました。

彦根城、三千院、銀閣寺、京都御所、金閣寺、比叡山と参拝し、
中でも、新島八重と会津藩ゆかりの金戒光明寺は、会津藩主、松平容保が京都守護職に就任し、本陣となったことでも知られており、塔頭の西雲院付近には、会津藩士戦没者の墓地もありました。

写真は、一般公開中の京都御所です。

お陰さまで、歴史に触れ、楽しい時間を共有することが出来ました。
今後も従業員一同、心をひとつにして、お客様に喜んでいただける旅館づくりをしてゆきたいと思っています。 [全文を表示]

光栄なことです!“がんばってます福島”

先日、当館が日本食品衛生協会の優良施設に選ばれて、東京の「明治座」まで行ってきました。
全国から食品衛生功労者や食品衛生優良施設の方々が表彰され、その末席に当館が座らせていただけることを大変光栄に、そして、ノロウイルスやレジオネラなど細菌の危険が叫ばれる中、当館も今までと変わらず、意識を高く持って、食品衛生に心がけて行きたいと強く思いました。 [全文を表示]

住み心地はどうですか?“がんばってます福島”

小名浜魚市場は、老朽化にともない1号埠頭(いわき・ら・ら・ミュウの前)に新しく建設されるのですが、津波被害で取り壊された冷凍倉庫の建設と一緒に、地鎮祭が執り行われました。

折しも、原発事故の影響で漁を自粛していたいわき市漁協と小名浜機船底曳網漁協は、10月18日、2年7カ月ぶり試験操業を行ない、漁獲されたメヒカリやユメカサゴなど7品目いずれも、放射性物質検査で検出下限値未満でした。

その報道にほっとしたのは、私だけではないでしょう。
新しく建設される冷凍倉庫いっぱいに、さかなが入る日が来ることを願っています。

[全文を表示]

知らないサンマのこと、いろいろ???“がんばってます福島”

昨日は、たくさんの雨が降りましたが、

一転、今日は爽やかな秋晴れとなりました。
朝、庭を見ていると、濡れたデッキから盛んに水蒸気(気化)が立ち上っていました。

おもしろいので、シャッターを切りました。



[全文を表示]