女将からのお知らせ

津波対策も着々と、“がんばってます福島”

四倉までの海岸線を、車で走ってみました。

津波で大きな被害を受けた豊間地区には、新しく危険を知らせる拡声器が取り付けられていました。

また、震災で家を失った人々用の復興公営住宅建設の準備も着々と進められ、一年後の完成を目指しています。あれから3年半、来年の秋には、やっと安住の地を得ることが出来るのですね!

午後間もなく、いつも底引き網船が接岸するあたりに、人が集まり始めました。
先週も木曜日には、試験操業が行われましたので、ひょっとしたら今日も?

テレビ局や新聞記者たちの姿も見えます。
船体には「警戒船」と赤い文字でかかれています。

水揚げした魚種は、震災前とは比べようがないくらい絶対数が少ないのですが、対象魚種にアカガレイ、サマガレイ、アカムチ、チダイ、ヒレグロ、マアジ、メダイ、ケンサキイカ、ジンドウイカノ9魚種を加えて、3回目の試験操業となりました。

市場が活気づくことは、水産加工業界も忙しくなることです。
少しずつでも着実に、歩んでいくことを願っています。

本日の逸品です。

[前菜]
・栗唐揚げ
  揚げ銀杏
・秋の和え物
  焼き松茸・春菊
  黄菊・もってのほか
・秋刀魚苔焼き
  焼きエリンギ西京味噌焼き